【不倫】なぜ野球部の母親とコーチが不倫関係になりやすいかの理由を3点まとめました【昼顔】

中学野球

この記事は、少年野球から中学野球までで、子どもの母親と指導者が、頻繁に不倫関係に陥ってしまう理由をまとめました。

私も野球をしていましたが、実際の経験談として、子どもの母親とコーチが不倫関係に陥ってしまった件を、以前の記事にてまとめています。

【衝撃】中学校の野球チームに入部していた時に保護者とコーチが不倫略奪婚をした経験談をまとめました
この記事は、中学生の時に野球チームでプレーをしていましたが、その時に他の選手の母と、コーチが不倫略奪婚をした経験談をまとめたものです。いくつになっても男女の関係はドラマや映画以上にあるものだなと思いました。何年も前のことで...

今回は、3点にてまとめましたので紹介をしていきます。

スポンサーリンク

お茶当番で接触する頻度が多い

少年野球に限らないのですが、母親が子どもの送り迎えをしたり、もしくは応援に来たりしてコーチの方と親しくなることはよくありますよね。

お茶当番によって、かなり親しくなってしまうことがあります。

お茶当番とは?

お茶当番とは、その日1日のスタッフや子供たちのお世話をしに、グラウンドに1日張り付いている日のことを意味します。

1日6時間の活動として、実際のお茶当番の仕事は1時間程度なので、暇な人が多い印象です。

お茶当番は、悪しき習慣ですね。

暇なことを、コーチの方達は知っているので、気を使って話しかける人もいます。

そこでお互いが惹かれあってしまったからには手遅れで、遅かれ早かれ不倫関係が始まってしまうのです。

お茶当番を無くせばいいのではないかと思いますし、実際私もそうするべきと思いますが、寂しがりやなコーチたちは、それを無くそうとしないのでしょう。

子どもの送り迎えで双方の住宅が把握できてしまう

グラウンドは近くの少学校で必ずしも行うのではなく、日によっては遠い河川敷などで練習を行います。

そのような場合、車での送り迎えが必要となりますので、必然的に子どもの家を把握してしまうのです。

そういったことで、最終的に昼顔へと発展することが多々あるでしょう。

土日の練習終了後に飲みに行くことが多い

子どもをもつコーチの他に、自分の子どもがいないコーチも多数存在していますね。

そういった方々は、純粋に野球を教えているという点は素晴らしいのですが、練習後の飲み屋での集まりを楽しみにコーチをしている人もいます。

コーチはいわば試合に誰を出場させるかを決める、悪い言い方をすると権力者のため、お気に入りの保護者を飲みに誘うこともあるのです。

お酒が入ってしまうことで、発展することは野球チーム以外でもよくある話ですよね。

こうして不倫関係ができあがっていくのです。

まとめ

不倫を全否定しているわけではなく、男女の関係なので仕方ない場合もあるでしょう。

しかし、そのような状況を強引に作ろうとする人が、コーチには一定数いますし、それを目的にコーチをしている人もいますので注意が必要です。

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました