横浜高校の選手がイジメで退学したことが問題となっているのでまとめました

野球

この記事は、元プロ野球選手の息子が横浜高校に進学しましたが、イジメにあい退部してしまったことで、問題となっている件をまとめました。

スポンサーリンク

元プロ野球選手とは、小野剛選手です

元プロ野球選手とありますが、元プロ野球選手とは、小野剛選手です。

巨人に入団した後、イタリア、その後西武でもプレーをしています。

イタリアでプレーをした時は、少し話題になりましたね。

桐蔭学園高校から、武蔵大学を経て、巨人にドラフト7位で指名をされています。

イジメの内容とは

記事にあるように、イジメの内容は、監督による暴言とイジメだそうです。

横浜高校野球部、2年生怪物打者「監督のイジメで退学」投稿と高校側の見解(NEWSポストセブン) - Yahoo!ニュース
〈次男が横浜高校を退部しました。(移籍先は近々)多方面から連絡を受けるので、その度の説明が大変なので…笑笑。ご報告です。理由は、監督による暴言とイジメです〉

退部した選手は中学時代から有名な将来有望な選手でした

中学時代から有名な選手で、YouTubeにも有望選手としてとりあげられていました。

私も、中学生の時点でものすごい体格であり、将来はこのような選手が日本の4番になるのだなとも思いました。

私も中学時代にすごいと思った選手と対戦したことがあります。

現在中日ドラゴンズの福田選手です。

残念ながら日本の4番にはなりませんでしたが、同じ横浜高校出身というのがなんとも言えませんね。

それだけ横浜高校にすごい素質を持った選手が集中しているのでしょう。

高校入学時からも活躍していました

Twitterにもでていますように、ものすごいホームランを初球に打っています。

打撃センスも凄そうですよね。

初級からホームランを打つことができるのは、センスがないとできないです。

まとめ:転校先では恵まれた野球生活をしてほしいです

今は高校野球は転換期だと私は思います。

このような厳しさばかりを追求した野球は、もう限界がきているのではないでしょうか。

野球をする人がどんどん減って行ってしまいます。それは悲しいことですよね。

軍隊式の野球はもう全国的に廃止して、まず楽しめるような環境作りが大切ですよね。

1人1人がそういったマインドをもっていけば、変わっていくのではないかなと思います。

こちらの記事もおすすめです。

高校野球の勝利至上主義から脱却し、野球を楽しむ環境を作ることが大切なのではないでしょうか
この記事は、高校野球の勝利至上主義ではなく、野球というスポーツを楽しむために、そのような環境を作っていくことが大切だということを説明していきます。現在、部活動の一環でもあるにもかかわらず、厳しく辛い練習のため、野球部を辞めてしまう...

コメント

タイトルとURLをコピーしました