高校野球の甲子園大会で150キロ以上投げた投手はどれくらいいるの?その後の進路も合わせて紹介します

野球

この記事は高校野球で150キロ以上の球速を投げた投手はどれくらいいるのか、スピードガンが導入され、記録に残っている選手を一覧でしょうかいします。

その後プロ野球選手になったのかどうかも、一覧にて紹介します。

スカウトによるスピードガン表示ではなく、記録として残っているものを紹介します。

夏の甲子園での投球数ベスト10はこちらです。

スポンサーリンク

甲子園で150キロ以上投げた投手を一覧にまとめました

春と夏の大会問わず、150キロ以上投げた投手をまとめました。

150キロ以上を何度も投げている場合、一番速い球速を一番若いときに記載しました。

球速大会投手名高校進路ドラフト優勝
155キロ2007夏佐藤 由規仙台育英ヤクルト高校1位
2013春安楽 智大済美楽天1位
154キロ2001夏寺原 隼人日南学園ダイエー1位
2009夏菊池 雄星花巻東西武1位
2009夏今宮 健太明豊ソフトバンク1位
2019夏奥川 恭伸星稜ヤクルト1位
153キロ2008春平生 拓也宇治山田商西濃運輸
2011夏北方 悠誠唐津商横浜1位
2011夏釜田 佳直金沢楽天1位
2012夏藤浪晋太郎大阪桐蔭阪神1位
2020-高橋 宏斗中京大中京中日1位
152キロ2005夏辻内 崇伸大阪桐蔭巨人1位
2010春西浦 健太天理法政大学
2016夏高田 萌生創志学園巨人5位
2016夏今井 達也作新学院西武1位
2021夏風間 球打N大明桜ソフトバンク1位
151キロ1998夏松坂 大輔横浜西武1位
1998夏新垣 渚沖縄水産大学-ダイエー自由獲得枠
2005春山口 俊柳ヶ浦横浜高校1位
2006夏大嶺 祐太八重山商工ロッテ高校1位
2015夏小笠原慎之介東海大相模中日1位
2018夏柿木 蓮大阪桐蔭日本ハム5位
2019夏中森 俊介明石商ロッテ2位
2020-小林 樹斗智辯和歌山広島4位
150キロ1985夏中山 裕章高知商横浜1位
2005夏田中 将大駒大苫小牧楽天1位
2009夏秋山 拓巳西条阪神4位
2011夏大谷 翔平花巻東日本ハム1位
2015春高橋 純平県岐阜商ソフトバンク1位
2017夏清水 達也花咲徳栄中日4位
2018夏井上 広輝日大三西武6位
2018夏吉田 輝星金足農日本ハム1位
2019春河野 佳広陵大阪ガス
2019夏池田 陽佑智辯和歌山立教大

34人のうち30人がプロ野球選手となっている

34人のうち、30人ほどがプロ野球選手になっています。

そのうちドラフト1位が23人もいました。甲子園の球速表示もある程度指標になっていそうですね。

また、4人がプロ野球選手にはなっていませんが、そのうち2人のみアマチュアで現役を引退していますので、相当な高確率でプロ野球選手になることがわかります。

寺原投手はスカウトのスピードガンで158キロ計測

寺原投手は甲子園の球速表示こそ154キロでしたが、スカウトのスピードガンでは158キロを計測していました。

映像から見ても物凄いボールを投げていましたね。

1年目から6勝をあげていますので、球速は裏切らないですね。

今宮選手はショートとしてソフトバンクにドラフト1位指名

今宮選手は甲子園ではショートを守りながら、リリーフで150キロ以上の速球をセットポジションから投げ込んでいるのは衝撃的でした。

今ではショートとして球界屈指の守備力を誇ることも、納得できますね。

甲子園記録は15年程破られていない

佐藤由規投手が155キロを出して以降、甲子園での記録は破られていません。

地方大会で大谷翔平選手が160キロをだしたり、または佐々木朗希選手が163キロをだしたことはあります。

ただ、甲子園での記録というものに価値がありますね。

球速も佐藤由規投手が記録を出した当時に比べ、いたるところで150キロ以上投げる選手が増えてきていますので、技術の進歩はすごいですね。

まとめ

甲子園で150キロ以上のスピードボールを投げることができれば、ほぼプロ野球選手になれるということがこの表でわかりました。

150キロ以上投げるのには、才能と努力が融合しないとできません。

そのため、大量にドラフト1位が誕生していることでしょう。

怪我無く、その才能を存分に発揮してほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました