高校野球で暴力を振るう監督がいつまでも存在するのはなぜか考えました

野球

この記事は高校野球で暴力、体罰を振るう監督が、いつまでも存在する理由を経験したこと等をもとに考えてみました。

私は高校では甲子園に出場するようなそれなりに強い学校でプレーしていましたが、やはり監督からの暴力はありました。

そういった経験をもとに紹介していきます。

スポンサーリンク

暴力を振るう理由

勝利至上主義であるから

強豪校で教員ではない監督は学校から報酬をいただいています。

それは、野球部を強化して、学校の知名度を上げてもらうために契約をしているのです。

そうすると、監督の活動目的は試合に勝って学校の名前を売ることとなります。

倫理観がなく、感情を制御できない監督は、自身の理想とのギャップが生じたときに、体罰を振るうのです。

体罰をふるったところで周りに誰も止める人がいないので、それが常習化されていくのです。

最大2千円OFFクーポン 【サイズ交換往復送料無料】ミズノ 野球 ユニフォームパンツ 大人 練習着 選べる6タイプ 2022年NEWモデル 練習着パンツ ガチパンツ GACHIパンツ 丈夫 防汚 野球ウェア 野球ズボン メンズ 男性 一般用 楽天スーパーSALE

生徒を洗脳するのに楽な方法だから

暴力で生徒たちを支配して、服従をさせることが主な目的です。

閉鎖的な環境で監督自らの存在を美化します。

「高校野球で殴られるのは当たり前だ!」

など繰り返し発言されると、当たり前のように思えてしまいます。

指導は絶対だと思わせるのです。

ただの兵隊ですよね。

自分の力を誇示したいだけの人は結構いますよね。

最近でも、大阪偕星学園高校の元監督が逮捕されましたよね。

暴力は悪だと思っていないから

生徒を殴り続けていて、たまたまそれが勝利に繋がっている場合は、

「やはり厳しい指導は正しかった」

などとの錯覚に陥り、暴力を正当化するのです。

暴力を振るわれているのが嫌ならば

学校の反野球部の先生に報告する

学校には、一定数野球部の活動を気に食わない先生が存在します。

そういった先生は証拠があれば野球部を解体しようとしてきます。

その先生に、相談をするといいでしょう。

力のある先生ですと、すぐに指導者にメスが入ります。

両親に相談する

両親に相談しましょう。

高校生よりも両親の方が解決する手段をたくさん持っています。

自分自身で抱え込まないようにしましょう。

退部してクラブチームに入る

誰にも相談できる人がいない場合、環境を変えて野球を続けることも一つの手です。

いまはそういった生徒を受け皿にしているクラブチームも多数あります。

現にロッテの和田選手も高校時代は陸上部です。

まとめ

改善するために行動に移していこう

そもそも体罰という行為は絶対にしてはいけません。

私もさまざまなカテゴリーで暴力を受けてきましたが、意味のある暴力など存在しないことを身をもって理解できています。

ただ黙って暴力を受けていても何の改善にもなりませんので、勇気をだして周りの人に相談をしていきましょう。

こちらの記事もオススメです。

【少年野球】バントは少年野球ではする必要がなくいらない理由を説明します
この記事は少年野球をしている人、もしくはその両親に向けて書いています。少年野球において、バントは必要ない理由を経験してきたことをもとに記載しました。私は少年野球チームに入っていた時は、県の大会でベスト4に入る程のよく勝ち上...

コメント

タイトルとURLをコピーしました