【野球】上からたたけは間違っています。上からたたくよりもボールに対して平行にスイングしましょう

中学野球
<strong>コーチ</strong>
コーチ

バットを上からスイングしよう!

バットは上からボールに対して最短距離で出せという指導者が多くおります。

私も少年野球をプレーしていた時に、何回もそのように教わりました。

しかし、違和感を感じることも多々ありました。そのように取り組むと、ダウンスイングとなってしまうからです。

相手チームなどの選手が、バットを下から出す、「アッパースイング」で遠くに打球を飛ばしていたからです。

ダウンスイング以外のどんなスイングがあって、どのスイングがいいのかを調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

ボールに対して平行にスイングしましょう

投げるボールはバッターに対して、上から下に投げ下ろしてきます。

そのボールに対して、バッターも上から下にスイングすることは、非常に窮屈なバッティングになります。

ピッチャーが投げるボールに対して並行にスイングしていきましょう。

おそらく、上から叩くなどを意識せずに、自然体でスイングすればそのような形になります。

自分自身が一番力強くスイングできる形を作り上げていくことが大切です。

プロ野球選手でもアッパースイングな選手はいます

プロ野球選手でダウンスイングの選手はいません。

むしろ、バットを下から出すアッパースイングの選手もいます。

現役選手でしたら、ソフトバンホークスの柳田選手です。

プロ野球の試合でも、アッパースイングからドライブのかかった強烈な打球を打っています。

少年野球の時に、しばしば、

「ドライブのかかった打球を打つな、それは正しいスイングができていないよ」

とよくいわれましたが、プロ野球を代表するような打者がアッパースイングであることは、少年野球の指導者からしたら皮肉な話ですね。

また、現役ではありませんが、三冠王を三度獲得した、落合博満選手も強烈なアッパースイングですね。

右方向のライトへホームランを何度も放ち、落合選手のアッパースイングではないと打てないようなホームランでしたね。

力強い打球を打てるスイングが正解なので、探し続けていきましょう

バッティングは不正解はありますが、個々の正解はわからないのです。

プロ野球選手を見渡しても、バッティングフォームが三者三様で、同じということはありません。

足の上げ方や、タイミングの取り方、腕の位置など全員バラバラですよね。

理想的なスイングの選手は、元北海道日本ハムファイターズなどで活躍した、稲葉篤紀選手です。

稲葉選手は、「ボールのラインにバットを入れる」ということを意識しています。

つまり、レベルスイングや、アッパースイングなどではなく、ピッチャーのボールに対して、一番力が伝わりやすいようにスイングしているということがわかりますね。

まとめ

ボールに対して平行にスイングをすること、稲葉選手が述べているような、「ボールのラインにバットを入れる」とすると、ダウンスイングではできないと言うことがよくわかりますね。

少年野球の指導者も、バットをボールの最短距離でスイングするという指導をきめつけるのではなく、様々なアプローチで指導をしてもらえるといいなと思います。

こちらの記事もおすすめです。

試合で打球を100メートル以上飛ばし、ホームランを打つための7つの練習方法を考えました
野球をやっている人なら、「速いボールを投げたい」「打球を遠くに飛ばしたい」とほとんどの人がおもいますよね。今回は、試合で打球を遠くに飛ばすための、7つの練習方法を考えました。私は良き指導者と巡り合うことができ、この7つの練...

コメント

タイトルとURLをコピーしました