【高校野球】甲子園での通算ホームランランキングは?その後の進路や活躍も紹介していきます!

野球

この記事は、甲子園での選手の通算ホームラン数をランキング形式で表にまとめました。

その中で、プロ入りはしているのか、またドラフトは何位なのかなども合わせてまとめています。

スポンサーリンク

甲子園での通算ホームラン数ランキング9位までを紹介します

選手名HR数最終年度高校名進路ドラフト
清原 和博13本1985PL学園西武1位
桑田 真澄6本1985PL学園巨人1位
元木 大介6本1989上宮巨人1位
中村 奨成6本2017広陵広島1位
香川 伸行5本1979浪商南海2位
鵜久森淳志5本2004済美日本ハム8位
平田 良介5本2005大阪桐蔭中日高校1位
森 友哉5本2013大阪桐蔭西武1位
藤原 恭大5本2018大阪桐蔭ロッテ1位

参考ですが、10位の4本の選手が6人いました。

表をみてわかることは、

  • 9人全員がプロ入り
  • そのうちドラフト1位が7人
  • 息の長い活躍をしている選手が多い
  • 甲子園のスターがプロ野球でもスターとなる

以上が簡単にまとめた結果となりました。

桑田真澄選手はバッディングも卓越していました

桑田真澄選手が現代のトレンドである二刀流を行っていたら、どれだけの成績を残せたのでしょうか。

甲子園では、清原選手の後の5番打者として活躍していました。

ホームランも6本も放っております。

本職は投手で、甲子園でも20勝をあげているので前人未到の領域ですね。

捕手の村田真一選手よりもバッティングがいいとも言われていました。

2002年に巨人の優勝した年に、代打で登場してバスターからヒットを放ちますが、当時タイムリーでテレビで見ていて、そのセンスの良さに驚いてしまいました?

元木選手は甲子園でのスター選手でした

上宮高校から1年の浪人生活を経て、巨人へドラフト1位指名をされ入団した元木大介選手。

2020年より巨人のヘッドコーチを務めています。現役時代にくせ者と言われていたこともあり、その野球センスの良さを評価されていますね。

巨人では繋ぎ役、バイプレーヤーのイメージが強いですが、高校時代は強打のショートとして全国的に有名でした。

甲子園での6本のホームランも納得できます。

中村奨成選手は1大会で6ホームランを打ちました

記憶に新しい人も多いかもしれませんが、中村奨成選手は、1大会で6本ものホームランを放ち、一躍有名になりました。

2022年現在、徐々にカープの戦力として台頭きてきましたね。

大会前は全国的には無名の選手でしたが、甲子園での活躍によりスター選手へと駆け上がりました。

森友哉選手は甲子園で逆方向にホームランを打っています

大阪桐蔭高校では2年生で3年生の藤浪晋太郎投手とバッテリーを組み、春夏連覇を果たしています。

また、甲子園の4本のホームランのうち、逆方向のレフトにホームランを打っています。

170センチと大阪桐蔭の選手の中では小柄で、構えたフォームが重心を低くしたフォームからスイングしてホームランを入れる様子はまさに天才的でした。

まとめ

甲子園でホームランをたくさん打てば、それだけスカウトから評価されていますね。

清原和博選手の13本は圧巻の数字ですね。その後のプロ野球でも525本のホームランを放っています。

高校通算ホームランよりも信憑性のある数字ですね。

高校通算ホームランランキングはこちらにまとめてあります。こちらの記事もおすすめです。

【高校野球】ホームラン数ランキングベスト10は?その後プロ入り?進路も含めてまとめました
この記事は高校野球において歴代ホームラン数をランキング形式で10人をまとめました。その後、プロ入りできたのか、その後の活躍などをまとめています。高校野球での歴代ホームラン数トップ10をまとめました選手名HR数最終年...

コメント

タイトルとURLをコピーしました