2022年センバツ甲子園大会が始まりましたが落選した聖隷クリストファー高校の存在が薄れました

野球

この記事は春の選抜甲子園大会が開催されましたが、東海地区大会で準優勝しながら落選して、ベスト4の学校が選ばれる事態が薄れているので記事にしました。

東海地区大会で準優勝をしながら、ベスト4の岐阜のチームが選ばれてしまったことで、物議を醸しましたよね。

「個人個人の力量で勝る大垣日大か、粘り強さの聖隷かで選考委の賛否も分かれましたが、投打に勝る大垣日大高校を推薦校とします」

と高野連は発表していますが、全くもって意味不明ですよね。

個人個人の力量で勝るのであれば、そもそもチームで戦う意味とは何なんだろうかと個人的には思います。

field texture sport ground

東海地区大会の優勝校が、同じ静岡県の日大三島高校であり、同じ県で重複していました。

東海地区の選出チームは2チームとなっており、結果のみで順当に選ばれていれば、静岡県のみの2校での選出でした。

主催は毎日新聞社ですが、個人的には地域が偏ることで販売部数等に影響が出ると考えてベスト4の岐阜県の大垣日大高校を選出したとしか思えません。

しかし、主催の毎日新聞社はこれを否定しています。

否定をするしかないとも思いますが、個人の力量などと意味がわからない理由を言わずに、地域が重なると新聞の売れ行きが悪くなるからと言ってほしいですよね。

今回の落選を受けて、聖隷クリストファー高校を33番目の代表校にしようと署名運動も起こりました。

野球解説者で、巨人やレッドソックスで活躍した上原浩治さんも、この落選の件でコメントを出しています。

ダルビッシュ、上原浩治が聖隷クリストファーまさかの選抜落選を疑問視「選手の精神状態が心配」の声〈dot.〉
 1月28日に発表された第94回センバツ高校野球大会(3月18日開幕)の出場校をめぐり、昨秋の東海大会準優勝の聖隷クリストファー(静岡)が落選し、同大会4強...

また、市長が全くもって理解できないとのコメントも残しています。

高校野球は教育の一環であると掲げておきながら、大人の都合で選考に漏れてしまった聖隷クリストファー高校は残念でしかないですよね。

教育とは大きく矛盾しましたね。

夏の大会ではなんとか静岡県大会を勝ち上がり、優勝して夏の甲子園大会に出場してもらうことを願います。

こちらの記事もオススメです。

高校野球で理不尽な評判の悪いダメ監督の特徴と対策を経験したことをもとにお伝えします
この記事は高校野球野球でダメな監督と言われてしまう特徴と、その対策を経験したことををもとにお伝えします。実際、高校入学前の野球部に入部する前の気持ちはこうだと思います。やる気満男高校に入学したら野球部に入ってレギュラーに...

コメント

タイトルとURLをコピーしました