ファーストの守備はサードより難しい?ファーストの守備が重要な理由を説明します

中学野球

この記事は、ファーストのポジションが重要な理由をまとめています。プロ野球選手で上手な選手を上げ、ファーストの守備がどのようにすれば上達するのかをまとめました。

ファーストは、打てるけど守備に難があるといった、守備の苦手な人が守るポジションといったイメージがあるかもしれません。

しかし、ファーストの守備は重要であり、勝敗を左右する場面もあります。

ファーストを守った経験のある人ならわかると思いますが。やることの多さに驚きました。

まずは、ファーストの守備が重要な理由を説明していきます。

スポンサーリンク

ファーストの守備が重要な理由

送球を取る機会が一番多いから

内野にゴロが転がったら、一塁に投げてアウトが成立しますよね。

何気なくボールを取っていますが、落としたらランナーはセーフとなります。

しっかりとボールをキャッチしなければなりません。

実はしっかりボールをキャッチするということが、難しいです。

というのも、楽々アウトの場合は、ゆっくりキャッチボールをするような感覚なので、簡単に取ることができるかもしれません。

しかし、ギリギリのプレーであった場合や、ショートの深いところから投げてくる送球は、取りにくいボールがほとんどです。

理由としては、

  • バウンドしたボールがくる
  • ボールをしっかり握っていないため、変則的な回転でくる
  • ランナーと交錯しないように気をつけながら取る

など、臨機応変さと、ハンドリングの上手さがもとめられるからです。

左の強打者が昔より多く、打球処理を軽視できなくなった

左打ちの選手は、遠い昔であれば少なく、割合としては左方向のサードや、ショートに強い打球がくるイメージがあるかと思います。

しかし現在では、右投げ左打ちの選手が溢れかえり、打球処理の機会はしばしば発生します。

速い打球もたくさんくるので、何度も練習して慣れていくしかないのです。

内外野の連携や、投内連携で重要な動きを必要とする

バント処理においても、ファーストは前にいき処理をしなければなりません。

セカンドでフォースアウトを狙う場合は、送球をする機会が発生します。

サードにも投げることもあります。

ファーストの守備が上手な選手

中田翔選手

中田翔選手は、日本ハム時代にファーストのゴールデングラブ賞を4回もとっています。

また巨人に来ても、送球を取れなかったことはほとんどなく、難なく捌いています。

打撃不振の時期もあり、守備固めとして使われてしまう姿はもったいない気もします。

そのくらいファーストの守備が上手です。

中田選手は、入団当初はサードを志望していて守っていましたが、その後ファーストを守るようになりました。

しかし、ファーストが下手すぎて失格となり、外野に回されたと本人は言っています。

ファーストが失格になるには、今の守備力からしたら信じられませんが、ファーストの守備はそれだけ重要であることが証明できます。

ファーストの守備がうまくなるには

ハンドリングを鍛えよう

ハンドリングとは、一言で言えば、グラブさばきのことです。

他の内野手が精一杯のプレーで送球がきたら、そこはファーストの腕の見せ所です。

ショートバウンドの送球は難なく取れるように、日々練習しましょう。

状況判断を身につけよう

ファーストの守備は、アウトカウントやランナーの状況により、変わっていきます。

例えばランナーが一塁だけの場合は、ベースについており、投球後に離れたりしたりしますので、視野を広くしないといけません。その際にバントもしてくるので取りに行かないといけません。

また、ピッチャーに近いポジションであり、声かけしやすいので、そういったことも対応していかなければならないです。

そのような状況によって判断する機会が多いので、日頃からよく観察して、対応していきましょう。

まとめ

ファーストの守備が上手なチームは、チーム全体のエラーが少なくなるので、強いチームとなります。

ファーストの守備力も重要なことを説明しました。

内野の要でもあるポジションなので、軽視せずに上達していきましょう。

こちらの記事もおすすめです。

試合で打球を100メートル以上飛ばし、ホームランを打つための7つの練習方法を考えました
野球をやっている人なら、「速いボールを投げたい」「打球を遠くに飛ばしたい」とほとんどの人がおもいますよね。今回は、試合で打球を遠くに飛ばすための、7つの練習方法を考えました。私は良き指導者と巡り合うことができ、この7つの練...

コメント

タイトルとURLをコピーしました